このクルマについて話そう。

LEXUS LF-1は、スーパーコンピュータのような「ラグジュアリー・ハイパフォーマンス・クロスオーバー」

ヨーロッパ車はスイスの湖畔やドイツの街並みに。アメリカ車は広大なプレーリーの原野に。

そして日本車は古都の街並みに。

それぞれの国の車が、それぞれの風景に似合わなくてはいけないとするならば、レクサスLF-1リミットレスの発想は素晴らしい。

テーマとしたのが、「日本刀」だからだ。

 

北米国際オートショウで、ついにレクサス最上級モデルのコンセプトLEXUS LF-1が公開された。

これは、EV(HV、PHV、FCV、EV)を想定したモデルで、サイドの造形がなかなか鋭い。

フロントマスクに関してはシグニチャーグリルも含めて今のところまだしっくり来ないが、ぜひ京都の街並みを横切る姿を見てみたい。

 

デザインチームは南カルフォルニアのキャルティ デザイン リサーチ。

このコンセプトは「ラグジュアリー・ハイパフォーマンス・クロスオーバー」だそうで、インテリアの操作している動画は確かにラグジュアリーで、富裕層はこれにお金を出すと思う。だから、すぐ出せばいい。また1年もすれば、これが古くさくなるから。

 

デザインテーマとなったのは「MOLTEN KATANA」つまり日本刀だ。

サイドのミラーレスカメラはハイレゾで、屋根はグラスルーフ。

シートのレザー造形は複雑にデザインされている。

フードはSUVとしては長く、CX-8のようでもある。筋肉質(マスキュラー)なルックにも自信を持っているようだ。

「可能性はリミットレス」で、道路の状況や天候などをセンサーと視覚、Webからすべて読み取り、それに合わせた走行を実現する。

EV(HV、PHV、FCV、EV)を想定していると書いたが、このカンファレンスでは「ガソリン」という言葉も出た。

 

さて、高性能ナビシステムやCPUは有り難いが、安全性能を考えると究極的にはドライバーの目の前には後方を映し出すビッグモニターが欲しい。

左右の映像と後方をワイドに映し出し、走行中に不必要な情報は出さない。

スピードはフロントウィンドウに映し出す。

ミラーレス車をさらに進化させたものだ。

BMW i8 Mirrorless http://digital-innovation-lab.jp/mirror-less/

BMWのモニタは小さいと思う。また、サイドの映像も見たい。

 

高性能でハイテクだからといって、操作や小さな文字に気をとられてはいけない。

車は全方向をセンサーで探知するだけではなく、ドライバーが認知するコックピットが未来なのだ。

 

 

 

ところで、LF-1はミニチュアライズされたスーパーコンピュータだという。

PCのようにコンピュータの性能で車を選ぶ日が来るのかもしれない。