このクルマについて話そう。

ルーテシアR.S.と似ているようで、ぐっと良くなっているメガーヌR.S.

 

発表されたばかりのルノーメガーヌR.S.は、案外ボリューム感をもたせるデザインで新鮮味がある。

RS特有のグリルランプもしっかり目立つような配置で、すでに日本導入されているルーテシアRSよりもぐっとよくなっている。

 

 こちらがルーテシアR.S.メガーヌR.S.

似ているからどうでもいかと思いきや、フードの線もたくさんあるメガーヌがいいに決まっている。

ライトも水平基調で素敵だし、グリル形状もより立体的。

 

今、日本で売られている現行メガーヌR.S.はこちら。

十分かっこいい。

ただ、より専門的な感じがしていて、ゴルフGTIのように一般的な使用で人気があるモデルというイメージはなかったけれど、今回からはより公道ホットハッチを意識しているような感じだ。

 

全幅があるわりに室内の横幅が狭い感じはする。

上から見るといかつい感じだがかっこいい。

ルノー・スポールの証し。

赤の差し色はもちろん、一部スウェード調のステアリングでスポーティさをアピール。

でも、これから何年もこのインテリアで戦えるのかというと、微妙なところだ。