ルノー・グランド・セニック 日本未導入のMPVが森を駆け抜ける。

ルノー・グランド・セニック 日本未導入のMPVが森を駆け抜ける。

日本ではスポーティでコンパクトなタイプを中心に展開しているルノー。

欧州ではシトロエングランドC4ピカソのようなコンパクト7シーターであるグランセニック(5シーターはセニック)がある。

いわゆるMPV、ミニバンだが、ルノーはカングーが人気のせいか日本導入の話は出てこない。





シートはなかなか高級感があり、外観もルノーらしくお洒落。

Aピラー形状も独特なものがあり、フロント・ウィンドウが禿げ上がって…。パノラマウィンドウもある。

グランドC4ピカソを完全にライバル視しているのだ。

でも、3列目が狭いらしく、ピカソやBMWグランツアラーには及ばないのかもしれない。

 

色はこのブラウンがいい。キャプチャーもルーテシアもここらへんのチョコレート色がいつも似合う。

夜のルノーはなぜか色っぽい。大きくなるとその色気は飛びそうだけど、このブラウンなら夜もかっこいい。

必ずしもみんながSUVを欲しいわけではないのだから、このクラスを素敵にするルノーは偉い。

中の特長はセンターコンソール部分がスライドすることと、デジタルスクリーンが比較的大きいのだけど、解像度が低そう。

 

さて、最初のビデオでは森を走っていた青いグランセニックだけど、あまり似合っていない。

夜のパリをブラウンのグランセニックでお出迎え。それが一番いいと思う。

 

 

 

 





  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です