Article クルマのイメージを読む

唯一無二 飽きない紺シートのアバルト・リヴァーレ。

アバルトとリーヴァの中間に位置するRivaleが誕生した。

シートが白でないことが残念だが、個人的にはこの下の動画の内装のシーンが好きだ。

時間は1分5秒の部分。

曇り空の下で走るとこんな感じになるのか。

まさに昔のイタリア映画のような色合い。

 

名前は正確にはABARTH 695 RIVALE。

180psの1.4リッターターボで、175アニバーサリーモデルはシートが紺。





Rivaleというボートとのコラボで、限定350台(クーペ、カブリオレ)。

ボディ色は「リーヴァ・セラ・ブルー」「シャーク・グレー」のツートン。

コニ製サスペンション、アクラポヴィッチ製エキゾースト。

 

ステアリングは一部がブルーを選べる。ダッシュボードはマホガニーだけでなく、カーボンファイバー仕上げもある。

本国ページ http://www.abarth.it/695-rivale

ホイール色がシャーク・グレーとボディ同色にしているところが斬新だ。

 

Rivaは外観が新鮮だったが、今回は内観が少しずつ魅力的に感じる仕上げ。

最初はどうかなと思いつつ、この内観はなかなかない。

 

この紺のシートがじわじわ来る。飽きるか飽きないか。飽きないと思う!

カブリオレはこんなイメージさえ持つ。

飽きないと思う! やっぱり。