このクルマについて話そう。

北米版カローラは恥ずかしくない。国内版もついに北米版へ吸収か。


この世で最も中途半端な車は何かと問われれば、
カローラ・アクシオ
と答えたい。

 

日本向け5ナンバーモデル保持という理由で北米版と差別化し、圧倒的なデザイン差をつけられた国内版アクシオ。

上の映像は北米版11代目だが、観てのとおり、悪くない(50周年記念モデル)。

 

一方、現行国内版。


もう、どうにも形容しがたい残念さ。

全世界で4000万台とか、恥ずかしい。この恥ずかしさをやっと感じたのか、次世代では北米版と統一という噂もある。

 

北米版サイトの画像を見てみよう。

年齢対象が違うのだ、国内版は老人向けなのだと言われればそうなのかもしれない。

だが、カムリに続いて、トヨタの古いブランドを復活させ、グローバルにすべくカローラは生まれ変わる。

カムリは写真だけでなく、公道を走る姿もなかなかだった。

カローラも、人をはっと振り向かせる車になってほしい。