Article クルマのイメージを読む

日産パオに出会ったゴッディス・サンチェス。

パオがもっともオシャレにクラシックに見える映像がこれだ。

ゴッディス・サンチェスは子どものころ、日本で国内向けに発売されていたパオを見つけ、父に言った。





「成長するのをやめた小さいワゴンみたいだよ」

それは完璧だった。「変わったクルマで、独自のキャラクターを持っている。まるでピクサーの映画から出てきたみたいだった」

「いつか欲しいクルマリスト」にパオは加わり、大人になった現在所有している。

 

日本のクルマは少しずつコレクター向けのものになってきている。カルト・フォロウドのノスタルジック・カーは他に日産R32 GT-Rもそうだ。

ゴッディスにとっては、そういう北米でレアなクルマが好き。

「誰もがこのクルマ何?ってたずねてくる。どこを走っても親指を上げてくれる。こんなクルマ他にないんだ。僕にとってはGT-Rよりずっとスペシャルなのがパオだ」

内装はあくまでミニマリスティックなパッケージングだけども、そのおかげで小さい車体でも車内は余裕がある。

「違いがあることがすべて。この違いから来る特別感がスマイルを生む。いつもそれがいいんだよ」

 

最期、丘の上の駐車場を出て行くパオ。

とんでもなく美しい。

 

 

 





  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です