Article クルマのイメージを読む

2017フォード・フュージョン・スポーツ 美しく佇む外観のクオリティと内装のギャップ。

2012年に発売された当時(2代目)でも素晴らしいデザインをしていたフォード・フュージョン。

フェイスリフトされた2017バージョンのフュージョン・スポーツはさらに魅力的になっている。

ブラックのメッシュグリルはモダンで、19インチのダークホイールもクール。

2.7リッターV型6気筒ツインターボチャージド「エコブースト」エンジンは325hpというパワーを持ち、エンジン音も荒々しい。

ボンネットの流線ラインは今も色あせないどころか、美しさは永遠に変わらない。





フロントライトの中も最新化することでまったく古くささがない。フォードのよりも水平基調。

米国ではカムリと同位置のミドルセダンで発売されているが、欧州ではプレミアム3ブランドを狙う顧客の心を動かしているという。

 

外観は素晴らしい。美しい。

だが、内観はやはりアメリカ車。

ステアリングは恐ろしいほど時代遅れだ。フォードのロゴも古さ満載なので、まずロゴを時代に合わせてリニューアルしたほうがいい。

他のパーツもすべて、「インテリアで居心地を良くさせる」という発想が皆無だ。

このクルマを風景と共に美しく撮影している動画がなぜか少ない。

下の動画が少しだけ風景と共に紹介している。

記事ページにある写真はなかなか。

http://www.caranddriver.com/reviews/tested-2017-ford-fusion-sport-review

 

ところで、評判ではステアリングフィールが鈍い、レスポンスが鈍いという評価が多い。

よくチューンされたアダプティブダンパーやパワーについては高評価。

 

ただ、フォードが今売り出しているのはSUVのKuga。

インテリアは、少しだけデザイン性が増している。でも少しだけ。

 

 

 

 

 





  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です