アルピーヌA110(エーワンテン)ワールドプレミアの模様。 ジュネーブモーターショウ2017

アルピーヌA110(エーワンテン)ワールドプレミアの模様。 ジュネーブモーターショウ2017

アルピーヌA110(エーワンテン)がついにワールドプレミアとなった。





チーフエンジニア デビッド・トゥウィッグ「ニューA110は軽い。わずか1080キログラム。フルタンクで。どうやってこの軽量化を実現したのかというと、まずはコンパクトにしたこと(長さ4.19m)。次にフルアルミニウムボディ。軽くて強い。ブレーキはブレンボだが、オールアルミニウムで作ってもらった。エアロダイナミクスをみてみよう。アンダーボディのフラットフロアとスリックが生むダウンフォースは革命的だ。重量配分は適正で、ミッドシップエンジン(オリジナルA110はRR)で44対56になっている。ダブルウィッシュボーンを採用し、エクステリアとインテリアはハイクオリティだ」

 

プレミアムエディションは限定1955台。1.8リッター直列4気筒ターボエンジン。フランスで円換算700万円ほどになる。

エンジンはルノー日産で開発し、ルノースポールとアルピーヌが共同でチューンナップ。

インテリアや走行映像はこちらで。

 

日本にファンが多いことは知られていて、販売は予定されているものの、右ハンドル仕様がイギリスと日本だけなので、少し遅れ、2018年になる予定。

 





  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です