ヨットのイメージで走るフィアット500Rivaの世界。

ヨットのイメージで走るフィアット500Rivaの世界。

フィアット500の限定モデルRivaが発売(日本未発売)されて数ヶ月が経ち、いつのまにかレビュー動画も多くあがっている。

500ラウンジを元にヨットメーカーRivaによって仕上げられたモデルは、青と白をベースに海辺に佇む姿が愛らしい。

海辺と湖畔で走る限りは現時点で最高得点のイメージを提供してくれると言ってもいい。

白のハンドルに木目調のパーツや、シフトノブのウッドと、木目なのに古くさくならないところが不思議だ。

カブリオレモデルは幌がヨットの帆を連想させ、車なのにヨット感が上手に表現されている。

丸めライトと丸めボディでレトロ感のあるチンクにはメッキパーツも似合う。

ドアノブもミラーカバーもシルバーで、ボンネットのセンターラインもシルバー。





そうして「海辺と湖畔」を身にまとったRivaは、「山を走ると違和感がある」ほどのイメージ先行型だ。

こちらはCMで、パリの街中を走るRiva(もちろんヨーロッパの街並みに最高に似合う)が、人々にはヨットに見える。ホテルに着いて、ドアマンに「停泊しますか?」と冗談を言われ、錨を手渡すというオチ。

 

下の動画はラウンジモデル。ノブのメッキやグリルのデザインが同じ。グリルはTipoにも似ている。

Rivaはカブリオレとそうでないタイプがあるが、ヨットの世界観を考えればカブリオレ以外にない。

空が見えて、太陽光が白いシートを明るく照らすのがいい。

だけども真夏は暑くて開けられない。避暑地の湖畔が一番いい。

 

 

 

 

 

Norev (ノレブ) Fiat 500 Lounge Jaune 1/18 Yellow NO87741 ミニカー ダイキャスト 自動車 (並行輸入)





  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です