VW新時代へ ポロSUVを2018年末に投入

VW新時代へ ポロSUVを2018年末に投入

去年のジュネーヴモーターショウで披露されたフォルクスワーゲンのT-cross Breezeが、2018年の終わりごろに市販されることが明らかになった。

コンパクトSUVとしてポロをベースに開発されているT-crossは、コンセプト時のようなオープンではないものの、全長4133mmで5ドアになる。





そのため、ライバルはルノー・キャプチャー、プジョー2008、CX-3といったところ。

エンジンは3気筒、4気筒のガソリンターボと、ディーゼル。また、新たにマイルド・ハイブリッドが追加される可能性もある。

ハイブリッドは従来の1.6リッター4気筒ディーゼルに替わるもので、3.2キロほどを補えるものだ。

フォルクスワーゲンはティグアン、トゥアレグといった中型サイズでSUVを揃えてきたが、ポロサイズはクロスポロという中途半端なモデルしかなかった。

2018年にコンパクトSUVを揃えることで、オールトラックを含めればSUVとしてはサイズをほぼ網羅することになる。

 

 

 





  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です