Column

クルマ用語をカタカナ英語で スピードメーターはスピドーメタ

クルマのいろいろな部分を英語で言う場合、発音が日本のカタカナ英語とだいぶ違う場合が多い。

ここでは、カタカナで実際の英語に近い状態を表現してみよう。

 

少し発音とアクセントがわかると、海外のクルマ動画も見やすくなるはず。

 

太字はアクセントの部分

 

スピードメーター→スピードーメタ(スピドーメタ)

シートベルト→ーベル

アクセルペダル→ャアスペドオ

ブレーキペダル→ブイク

ハザードランプ→ハズァ

トランク→チュンク

ダッシュボード→ダッシュボー

バックミラー→アビュー・アー

ナンバープレート→イセンス・プレイ

コンソール→ンソォ

クルマを停める→プルォーヴァ

ガスタンク→ャアス・テンク

後席→ックシィ

助手席→ッセンジャーシー

クーラー→クイメッコンチュオロー

マニュアル→メアニュアオ

オートマチック→オードマァディッ

ハンドル→スティアリン・ウィーオ

ワイパー→ィンシール・ワイパー

ギア→アシフト

ボンネット→ード ※イギリスはボネット

ニュートラル→ニューチュア

タイヤ→イアズ

ハンドブレーキ→エマージェンスィー・ブレイク パーキン・ブレイク

 

 

フロアマット→フーマッ

ガス計→ャアス・ゲイジ

アンテナ→アンテェ

バンパー→ンパー

ヘッドライト→ッドライツ

エンジン→ンジェン

クルーズ・コントロール→クーズ・クンチュオ

クラッチ→クッチ

 

エアバック→アベアッグ

 

 

イギリスとアメリカでも呼び方が違うが、例えばクーペはアメリカではクープと呼ぶ。

これはイギリスの人にとっては「変すぎる」ようだ。

ボンネットをフードと呼ぶのも奇妙らしい。