Article クルマのイメージを読む

現代のクルマに大きな影響力がある人 トーマス・インゲンラート

ボルボがV90から新しいデザインになったのは、トーマス・インゲンラートがデザイン担当副社長になってからだ。

彼は2012年7月に同職に就任し、今は高級電気自動車部門となったポールスターのCEOに就任している。

今のV40のデザインはピーター・ホーバリー氏だが、インゲンラート体制になってから何が変わったかかというと、「水平基調」だ。

まず、ボディの丸みというものが随分と減った。

というのも、彼が辿ってきたブランドに秘密がある。91~94年はアウディ、95年から00年がVW、00年から06年がシュコダ(Skoda)といったブランドでデザイントップを担い、06年にはVWブランドセンター所長としてすべてを統括する立場となった。

 

彼は現行ボルボの全ラインナップが変わる前にポールスターに移ったが、V40はすでに2016年に40.2というコンセプトが発表されていて、それを基に登場する予定だ。

 

トーマス・インゲンラートが自らポールスター1を発表する動画。


 

シュコダ時代のインゲンラート氏。グリルデザインが今のボルボと共通点あり。

「Skoda Superb Thomas Ingenlath」の画像検索結果

1964年 ドイツKrefeld生まれ。