フィアット・パンダ・クロス2018バージョンのスパイショットか。

フィアット・パンダ・クロス2018バージョンのスパイショットか。

スウェーデンでフィアット・パンダ・クロスのスパイショットが撮影された。

2012年に登場した現行パンダは、そろそろフェイスリフトの時期だが、まずは2014年秋ごろに登場したクロスのミッドライフアップデート。

日本では発売されていないクロスは、オフロードライクのフロントバンパーが特長で、4×4よりも高価なモデルとして設定されている。





走りの質もトルクオンデマンドとドライブセレクトで走行モードを選べたりと、4×4を上回る。

ジャンルはポケットサイズSUVという耳慣れないもので、当然日本では認知度が低いが、初代パンダのオフロード&シティというコンセプトを引き継ぐモデルとも言える。

 

スパイショットの外観はほとんど違いがわからないが、フィアットマークが大きくなっている。

2017年モデルは内装を替えてきたので、2018年モデルはフェイスのチェンジらしい。

予想ではあるが、秋のフランクフルト・モーターショウでの公開が期待されている。

 

http://www.autoexpress.co.uk/fiat/panda/98674/spied-fiat-panda-set-for-mid-life-update

 

 

道なき道も往く。





  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です